うめに思うこと・・・

先代犬 はなとうめ、そして元保護犬 小梅に思うこと

Category [東野圭吾 ] 記事一覧

マスカレードホテル

久々の東野圭吾。以前は東野圭吾ばかり読んでいたような気がするけど1~2冊外れを引いてから以前ほど読まなくなりました。で、久々の今回はと言うと・・・(-_-)ウーム、普通。東野圭吾じゃなくても書ける話じゃない?と思いました。東野圭吾はミステリー作家だと思ってたけどこれはラブロマンスです。私の好きな、「そうきたか!」、「そういうことだったの!?」という、驚きも、やられた感もまったくなし。つまらないとは言わな...

使命と魂のリミット

後味の悪くない、おもしろい作品でした。久しぶりに、読んでいてウルッときたり、ドキドキしたりかなりおもしろかったって言った方がいいかも。ちょっと検索してみたら、過去にNHKでドラマ化されたようで小説がドラマ化されるとイメージに合わないキャスティングや無理な設定変更があり批判されることが多いけど、このドラマはかなり好評だったようです。キャスティングを見て、「いいんじゃない」と1名を除いて納得でした。見よ...

白銀ジャック

久しぶりの東野圭吾。東野圭吾はたまにハマらないときがあって、前回読んだ本もイマイチで私には合わないかな~。なんて思っていたけど、これは面白かったです。がっ!いつものことながら、私が面白いと思う本は、Amazonの評価が低い。この本も、「東野圭吾らしくない」とか、「薄っぺらい」とか・・・通の人曰くの東野圭吾らしくないから、私はおもしろかったのか?別に読んだ本人が面白かったんならいいじゃん。私は面白かったよ...

ダイイング・アイ (光文社文庫 ひ 6-11)

ダイイング・アイ (光文社文庫 ひ 6-11)(2011/01/12)東野 圭吾商品詳細を見るこれはミステリーじゃなくてホラーだね。読んでいるうちは、先が読めなくて、一体どういう展開になっていくのか楽しみだったけど、読み終わってみたら・・・( ̄△ ̄;)エッ・・?アマゾンでの評価は高いけど、私にはちょっと合わなかったかな・・・。東野圭吾の作品も随分読んだような気がするけど、最近、ちょっと思う。東野圭吾、私には合わないかも。。。日...

むかし僕が死んだ家

久しぶりに読んだ東野圭吾つまらなくはないけど、(-_-)ウームって感じ。東野圭吾は、あたりはずれがあるかな~というのが正直な感想。むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)(1997/05/14)東野 圭吾商品詳細を見る...

Menu

ブログ内検索

AdSense

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム