うめに思うこと・・・

先代犬 はなとうめ、そして元保護犬 小梅に思うこと

Category [誉田哲也 ] 記事一覧

ヒトリシズカ

読んでいて、とても胃が痛くなる作品でした。こんなの読んでたから気持ちが落ちちゃったのかも。。。誉田哲也の作品は最後には救われた気持ちになれるのにこれは読み終わった後も気持ちが沈んだままでした。内容は全然違うけど、精神的ダメージは宮部みゆきの火車に近い。やばいよ。楽しい本読まなくちゃ~。...

レイジ

10日くらい前に読み終わってて、もう次の本読んでるけど記録のため(また買っちゃわないため)にUP~。藤原竜也が主演した映画の原作かと思ったら、あちらはカイジでした。(・・。)ゞ テヘ初めて読んだ誉田哲也がジウで、次がストロベリーナイトだったから刑事物ばかりの人かと思いきや、疾風ガールでバンドの話を読みなかなか守備範囲が広い人なんだなと感心したことを思い出します。このレイジもバンド活動を軸に書かれたお話。...

月光

これ、アカンやつだった・・・。 il||li _| ̄|〇 il||li途中で投げ出しそうになったけど、このままではダメだと誉田哲也なら必ず救いの手を差し伸べてくれるはず。このまま終わるはずないと自分に言い聞かせ、なんとか読了。最後まで読んでよかった。(;´o`)ホッ途中で投げ出していたら、「火車」の二の舞だったわ。実は私、読んだものに影響されやすくて・・・あまりにも人の闇の部分が強く書かれてて、救いようのない話だと情...

ガール・ミーツ・ガール

これまた読むのが早かった!でも、今回はおもしろかったから。まったく気にしてなかったけど、なんと!前々回に読んだ疾風ガールの続編でした。疾風ガールは展開がゆっくりだったような気がしたけど、今回は展開が早くあっという間に読み終えました。おかげでちょっと寝不足。(・・。)ゞ テヘさ~、次はどれにしようかな~。...

疾風ガール

もやもや~、イライラ~がある時は、目を背けるために本に没頭。だから疾風ガールは私にしては読み終わるのが早かった。つまらなければ読むのが遅くなる私が、早く読めたということはいい感じだったということ。誉田哲也の作品は、スピード感や話のアップダウンはあまりなくて粛々?、淡々?と進む感じ。ハッピーエンドじゃないことが多いけど、読み終わると腹に入るというかなんとなく納得して読み終われる。今回もそんな感じでし...

Menu

ブログ内検索

AdSense

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム