うめに思うこと・・・

先代犬 はなとうめ、そして小梅と葵

Category [誉田哲也 ] 記事一覧

幸せの条件

楽しく読ませていただきました。やりがいのある仕事、楽しいと思える仕事に出会えることは本当に幸せなことだと思う。最近の若い人にとって、仕事ってどういうものなんでしょうね。誉田哲也さんは姫川玲子氏リースやジウのような警察ものから武士道シリーズ、疾風ガールの青春ものと、テーマの幅が広く、「ああ、またこのパターンね」ということがないので、デジャブを感じることなく、いつも新鮮な気持ちで読むことができます。次...

幸せの条件

楽しく読ませていただきました。誉田哲也は、姫川玲子シリーズ・ジウなどの警察ものから武士道シリーズ・疾風ガールなどの青春ものと幅広い題材、ストーリーを書かれるので、「ああ、またこのパターンね。」ということがなく、それも魅力のひとつです。(*^_^*)...

ドルチェ

主人公は女性刑事、魚住久江。初めてだけど、この人もシリーズ化されてるのかな。オムニバスだけってことはないから、きっとされてるよね。誉田哲也もかなり読んだつもりだったのに、まだ知らない人がいたなんてなんとなく不覚っ!って思っちゃった。でも、姫川玲子の方が好き。そろそろ本棚の在庫が難しそうなものや長編ばかりになってきたので手軽に読めそうな本をポチッ、ポチッ。なかなか読んでもらえない本には申し訳ないけど...

感染遊戯

久々の姫川玲子シリーズ。とは言っても、この作品は姫川玲子はちょい役。内容的には、暗いというか、重いというか、楽しい話ではない。やり場のない怒りや、晴らせぬ恨みは確かにあるけど、なんだか救いようがない悲しいお話でした。読後感は悪いけど、モヤモヤは残らない、誉田哲也らしいラストです。気持ちが沈んじゃったから、次は楽しい作品読んでリセットしなきゃ。...

歌舞伎町ダムド

書くの忘れてた。歌舞伎町セブンが面白かったので続編のダムドを早速読みました。往々にして、1より2、2より3と面白みが半減するのはなぜでしょう・・・。つまらなくはないけど、セブンほどでは・・・。ちょっと残念。誉田哲也が続きすぎたせいかもしれません。それでは、ここでブレイクということで、実はすでにもう1冊読み終わっています。...

Menu

ブログ内検索

AdSense

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム