うめに思うこと・・・

先代犬 はなとうめ、そして小梅と葵

Entries

甲状腺機能低下症

6月に右目の周りがハゲ始めたのをスタートにあっという間にあちこちハゲ。
血液検査を繰り返し、病院を替わったりの約5カ月。
これといった決め手はないままに、疑わしいという程度で始めた投薬治療。
2週間薬を飲んだ結果、目の周りの毛が生えてきた~!!
ということで甲状腺機能低下症に決定だそうです。
数値は基準値内にあるものの、あくまでも基準であって、うめにとって
必要な量が満たされていなかったんだろうということになりました。
言われてみれば、なるほどね~。って感じです。
リンク先の説明を見ると、悲壮な病気ではなく、上手に付き合っていけば
大丈夫なようでなんとなくひと安心しました。
遺伝的要素もあるらしいけど、老化現象でもあるのかな。
目薬に加え、一生のお付き合いの薬が増えてしまったけど、ちゃんと薬飲んで
快適なシニアライフを過ごそうね。



ということで、次の課題は乳腺腫瘍です。
昨日改めて丁寧に触診してもらったところ、2か所にあるそうです。
そこで、2か所だけを切除するか、先々の不安を取り除くために
右を全部切除するかの選択を求められました。
まだ小豆大と米粒大なので早急にではないけど、時期と切除範囲を
今月中に考えて返事をしなくてはなりません。
一難去ってまた一難。。。どうしよ~。
どなたか経験者の方、アドバイスをいただけるととてもうれしいです。
どうかお願いします。


*Comment

 

一日遅れちゃいましたが、うめちゃん11歳のお誕生日~オメデト-♪(ノ⌒∇)ノ*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆。
大変だった5ヵ月もお誕生日を境に良い方向に進むといいね!
病気は違うけれど、一生付き合うお薬を飲んでいるシニア仲間ですから~一緒に頑張っていきましょう。(o^-^o)

うめちゃんの乳腺腫瘍…2つって部分切除か乳腺ごと切除か迷いますねぇ。
ジュエルは右側に5つあったため、右の乳腺を切除しましたが、一年後には左側にも腫瘍ができてしまいました。
できやすい体質なのか。。。
結局両方を全部とらないと乳腺腫瘍は防げないのかなぁ…というのがその時の感想でした。
ピクは1つだったので部分切除。
どれも病理検査の結果は良性だったので安心はしましたが、やっぱり手術となると心配は尽きませんよね。
11歳ってことを考えると、術後の回復力は部分切除の方が良いだろうし。
アドバイスというより、却って迷わせちゃってる?m(。≧Д≦。)m

ちなみにピクも乳腺腫瘍あります。少し大き目なんだけど心臓のことがあるから、先生と相談しながら今は様子見中です。
  • posted by みみ 
  • URL 
  • 2012.11/09 17:07分 
  • [編集]

 

うめちゃんお誕生日おめでとう。
あまりにも年月の早さに驚きます。
あのちいちゃい赤ちゃんのうめちゃんが
11歳ですね。いつもかわいいうめちゃんは
変わらないです。

甲状腺機能低下症は大丈夫ですよ。
私がそうだったからです。
それにうめちゃんの場合は数値も悪くなくてよかった。
なぜなら私が甲状腺機能低下症・から数値はずっと悪くて
人の場合甲状腺機能低下症→「橋本病」になってしまいました。
でもお薬で付き合っています。
私の場合は低体温と脱毛症(身体中でしたが頭がひどかったです)
その他、物忘れ、眠気・・いろいろありました。

この病とわかるまでにかなり年月がかかりました。
(その他持病もあるのですが・・)
今は年数回の検診で薬の量を決めて服用しています。
はじめは一生の薬と言われショックでしたが
お守り感覚にしています。
うめちゃんは寒がりませんか?
大事にしてください。

乳腺腫瘍の方も心配です。
どうかどうか
良い治療がなされますよう
祈ってますよー。
  • posted by fumiko 
  • URL 
  • 2012.11/09 21:24分 
  • [編集]

 

うめちゃん、お誕生日おめでとう!
「甲状腺機能低下症」・・・数値は大丈夫ということで病気とはうまく付き合っていく覚悟ができているはなの母さんに安心しています。
次に心配なのは「乳腺腫瘍」ですね。。。
ずばり私は思い切って一度に取ってしまうのをおすすめします。出来やすい子は出来てしまいます、実にバルは乳腺腫瘍、3回出来てますからね~。。。
麻酔のリスクは1度にしたいと私は切に願います。
これはあくまでも私の思いなんですが。。。
たまたまバルが今年2度も手術したのでこういう気持ちなんですが・・・本当に悩みますよね。どうか良い道が拓かれますように祈っています。
  • posted by miho 
  • URL 
  • 2012.11/09 22:56分 
  • [編集]

 

みなさん~ん、うめにおめでとうとメッセージ<(_ _*)> アリガトォ~。
そして、貴重な経験談、アドバイスありがとうございます。

>みみさんへ
ピクシーちゃんは心臓のお薬と一生のお付き合いなのね。
病気になってしまったのは残念だけど、薬でコントロールできるだけでも
ありがたいと思って上手に付き合っていきたいと思ってます。
で、悩みの種の乳腺腫瘍だけど、ジュエルちゃん、ピクシーちゃんと
ダブルで経験しても、その子その子でやっぱり対処が違うのね。
みみさんが書かれている術後の回復や、体への負担が悩みどころなの。。。

>fumikoさんへ
すっかりご無沙汰でごめんなさい。
最近お体の調子はいかがですか?イヤな季節になってしまいましたが
大きく体調崩されませんようにくれぐれもお気を付けくださいね。
fumikoさんのように人間でも病名が分かるまでに時間がかかるのに
犬のうめが数値が大きく悪くなる前に気づけたことはラッキーだった
のかもしれませんね。<ポジティブ過ぎ?
人も動物も同じような症状が出るのかな。
fumikoさんのアドバイスを参考にこの冬は暖かく過ごせるように
してあげなくちゃと新しいベッド物色中です。(笑)

>mihoさんへ
なってしまったものはしょうがないし、↑にも書いたように重篤になる前に
早期発見できたこと、薬でコントロールできることをラッキーと思って
がんばる決意はできたけど、次なる難題がね~・・・。
バルちゃんは本当にすごいよね。15歳で手術2回ってホントすごいよ。
うめはすでに色々トラブルがあるから、何度も手術をすることに躊躇を
感じて、どうせならいっそのこと全部、とも思うし、みみさんが書かれている
術後の回復を考えると、ちょっと待て・・・ってなっちゃうのよね。
元気なうちに手術しちゃった方がいいのかな~。。。

せっかくみんなにアドバイスや、経験談を聞かせてもらったのに
決められないよ~。。。m(。≧Д≦。)mスマーン!!
  • posted by はなの母 
  • URL 
  • 2012.11/10 14:30分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログ内検索

AdSense

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム