うめに思うこと・・・

先代犬 はなとうめ、そして小梅と葵

Entries

天空の蜂

ちょっと久しぶりの東野圭吾
長かった~。ε('∞'*)フゥー


前知識なく、読み始めて、「おっ!?」
なんとな~く知ってる場所や地名がちらほら。
幼いころに見た景色が脳裏に蘇ったり、よりリアルにイメージできたりと
今まで読んだ本とは違う感覚を味わいました。
だって~、岐阜なんてマイナーな地域だから小説に出てくるの珍しいんだもん。
(林真理子の小説に出てきた時もビックリしたな。タイトル忘れたけど・・・)
ストーリー自体は、正直言って「ふ~ん」だったけど、これだけの長編でありながら
最後まで読めたのは構成や文章はやっぱり上手いってことでしょうね。
さ、次はもう少し気楽に読める本を読みましょ。


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログ内検索

AdSense

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム