うめに思うこと・・・

先代犬 はなとうめ、そして小梅と葵

Entries

ともnetさん譲渡会

まるでトンネルのようにしっかりとした半円の虹が東の空に
架かった翌日、ともnetさんの譲渡会に旦那と行ってきました。

2016-05-22-02.jpg

2016-05-22-03.jpg


相変わらずの盛況ぶりでした。
スタッフさんの譲渡会報告を拝見したら、志村どうぶつ園で保護犬が
取り上げられたそうで、それで興味を持ち来られた方もいたそうです。
やっぱりテレビの影響力はすごいです。
もっともっと取り上げて欲しいですね。
さて、私はというと・・・
預かりさんにわんこの様子やお話を聞いてる最中に、涙がポロポロと
流れてしまい、うめのことを知らない預かりさんはびっくりされたのでは
ないでしょうか。いやはや申し訳ない。(;^^)ヘ..
自分で止めることもできず、私も焦りました。
あの涙は保護犬ちゃんに対する同情じゃなく、うめへの想いの涙です。
ただその想いがどこに向かったものなのか、何に対するものなのかは
その時には分かりませんでした。
ただ、前日の大きな虹は、はなとうめが前に進むための道しるべというか
アーチをかけてくれたのかなと。そんなことを思った日曜日でした。



*Comment

 

なだそうそう
を思い出しました…。

保護犬をもし迎える事があったとしたら、きっと、その子が可哀想で家族に迎えるのでは無く、その子が良くて、その子しか目にとまらなくて、家族になるのだろうな…。
凄く遠くにいるのか?それとも近くにいるのか?
もしかしたら明日出会うかもしれないけど、数年後かもしれない
でもきっと、その時はおもいっきり目が合っちゃうんでしょうね
U^ェ^U \( ˆoˆ )/

  • posted by もん福母 
  • URL 
  • 2016.12/21 21:10分 
  • [編集]

 

うめちゃんのお母さんこんばんは。
ともnetさんの譲渡会に行かれた事
ブログで知りました。
少しずつ前向きになられている様子で
とても嬉しく思いました。
もし新しく家族を迎える時があるのなら
もん福母さんのおっしゃる様に
本当にビビッと感じた子がいいと私も
思います。愛しく思う子と暮らす事こそわんこにとっても自分自身にとっても
大切な条件なんだと今は確信して
おります。
うめちゃんのお母さんがわんこを心から
愛する方だからこそ、なおさらです。

私の方は、今日がかすみの49日でして
ちょっと不思議な事があったんですよ。
午前中に買い物を済ませて帰ると突然
庭の、いつもかすみがクンクンしていたバラの花のあたりから紋黄蝶が飛び出して
来て、今咲いている白蝶草や私と座った
椅子の辺りを飛び回り、そのまま東の
方向に飛び立って行きました。
12月に紋黄蝶を見たのは初めてだったので
あの子だったのかな・・・なんて
思ってずっと見送ってしまいました( ; ; )
私はもう大丈夫です。うめちゃんのお母さん、また時々お邪魔させて下さいね(ᵔᴥᵔ)

NoTitle 

もん福母さん、まま子さん、こんにちは
どーも私は鈍いようで、ビビッと感じないんですよ。。。
はなも、うめも、ビビッと感じたのは旦那で、私は後からあれこれ
総合して「こうなる運命だったんだな。」って納得する感じです。
だから旦那にお任せです。でも、どんな子が来てもうちの子になれば
全力でかわいがるし大切にしますよ。(^^)v

涙そうそうはタイトルは知っていたけどじっくり聞いたことがなく
歌詞もうろ覚えだったのでYouTUBEで観ました。
涙だーだーです。(笑) まさに!です。
数千枚に及ぶうめの写真をスクリーンセーバーにしてると
笑わないと思っていたうめもちゃんと笑ってるときがあり、
今更ですが微妙に表情に変化があることに気づきました。
いっぱい写真撮っておいて良かったです。

12月に蝶なんて絶対にかすみちゃんですよ
ちゃんとママにご挨拶に来たんですね。すごいな。立派だな。
かすみちゃんとても良い子ですね。
大丈夫と言っても、時折思い出して淋しくなることもあると思います。
そんなときはまたかすみちゃんのお話聞かせてください。
これから私たちにできることは忘れないこと。忘れるはずないけど
思い出話いっぱいしましょう!
時々と言わず、いつでもお待ちしています。
  • posted by はなの母 
  • URL 
  • 2016.12/22 12:53分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログ内検索

AdSense

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム