うめに思うこと・・・

先代犬 はなとうめ、そして小梅と葵

Entries

爪切り

2017-08-21.jpg
昨日の夜はみんな揃って動物病院へ~






小梅さんは、3回目の腎臓ケアの点滴。
葵は2回目のワクチン接種&爪切り~。
2匹とも、ワンとも、ニャンとも言わず、さくさくと終了~。
大変よくできました。
驚いたのが、お盆休みに私が爪切りをしたときは、厚手のゴム手袋装着で
葵を洗濯ネットに入れて、暴れる葵を押さえつけ、断末魔の叫びをあげる
葵に傷だらけにされ、大汗かいてなんとか切ったのに、病院ではまったく
ひと言も声を上げず、あっという間に切り終わったこと。
なんで~、どうして~、どうやったら~ォ━━(#゚Д゚#)━━!! と叫ぶ私に
先生、ひと言。「慣れだね。」 そーなの~(ToT)
慣れるまでにどれくらいの傷を作らないといけないのか・・・_| ̄|○
でも、慣れればあんなにさくさく切れると分かったからがんばるよ。
取りあえず、1日2~3カ所は流血してたのが、これでしばらく大丈夫。
あ~、うれしい~( ノД`)

保護時 279g → 7/2 614g → 7/20 1.2Kg → 8/21 1.9Kg
小梅のごはんも食べて元気に急成長中~(ーー;)

*Comment

帰還 

パソコンが手元にもどり一息つきました。 1年に1回はCPUファンに異常をきたすタイマーがついているのか疑惑を持ちます。 

爪きり「慣れ」というよりドクターオーラですよねぇ。
オーラで良い子、おとなしくしてしまうのですよ、きっと。
もりは黒い(本当は毛色は青で登録)色の黒の爪なので、このへんかしら? このへんまでなら血管に触らないだろうで爪切り使ってます←要はいい加減です。

パソコンない日々は読書ですましました。
その中で、分厚くて大作で読み応えがあったのは
須賀しのぶさんの「また、桜の国で」です。
第二次世界大戦でのポーランドワルシャワでの話ですが、単なる戦争ものではなく、かといって、きちんと精緻に歴史が描かれて、心を打つものがありました。
あとは好きな戦国もの、時代小説のシリーズを読んでました、好きな本郷和人さんとか、井沢元彦さんとかです。
我ながらマニアックです。



  • posted by ぐっち 
  • URL 
  • 2017.08/22 19:04分 
  • [編集]

NoTitle 

ぐっちさん、こんにちは
>「慣れ」というよりドクターオーラですよ
やっぱり・・・_| ̄|○
覚悟を決めてやるしかないですよね。葵に慣れを求めるのではなく
私自身が慣れなくちゃってことですよね・・・(ーー;)

ご本の紹介ありがとうございます。
ぐっちさんは、歴史物、日本史モノがお好きなのでしょうか。
私のようなレベルが低い者には難しいような気がしますが
いつか読んでみたいと思います。
なにも考えずに読めるコメディ系やサスペンスものも捨てがたいですが
読書力をUPすれば、文章力もUPするはずだからがんばります!
  • posted by はなの母 
  • URL 
  • 2017.08/23 12:33分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログ内検索

AdSense

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム